女性の為のビジネスマナー、ビジネスメイクのルールとは

女性特有のビジネスマナーとして、仕事の現場で表情を整える、

ビジネスメイクのルールが存在します。

 

ビジネスの場面では、潤滑なやり取りが重視されますから、

仕事に支障を来さないことが、ビジネスマナーを踏まえたメイクの基本です。

 

 

ノーメイクは、一見すると極めてナチュラルで、表情を包み隠さず曝け出せると考えられます。

しかし、ノーメイクはズボラであったり、

社会人の基本ルールが分かっていないと看做されるので、特別な理由がなければ避けた方が無難です。

 

 

社会一般的には、女性に対し最低限のメイクが求められていますから、

少なくても薄化粧を心掛けることがおすすめです。

 

 

反対に、分厚く念入りに施されたメイクは、

何処か暑苦しく感じられたり、遊んでいる印象を与えてしまいます。

 

 

眼力は時に、女性が重視するメイクの特徴ですが、

ビジネスの場面においてはむしろ、相応しくないと思われることが少なくありません。

無難なのはやはり、おかしな印象を与えないナチュラルメイクで、

ノーメイクや厚化粧ではなく、ビジネスマナーが守られるルール厳守といえます。

 

 

ノーメイクの問題点は、身だしなみの基本である、必要最小限のメイクを施さないことです。

女性がビジネスマナーを守っていない、

あるいはルールに反すると評価され兼ねませんから、完全ノーメイクは避けた方が良いでしょう。

 

 

逆に、厚化粧は無駄が多い印象を与えてしまい、

仕事より遊び優先だと誤解されるので、メイクはビジネスとプライベートで分ける必要があります。

 

 

メイクに時間を掛ける位なら、その分を仕事に回すのがルール、

ビジネスマナーではそのように考えられています。

仕事優先でも、女性は大きな目に憧れるものですが、アイメイクは最小限を施せば十分です。

 

 

アイメイクに力を入れ始めると、止め時が分からず、

終わりが見えなくなるので、最初から完成をイメージしておくことが大切です。

 

 

一方、唇は仕事やスケジュールが忙しくても、

リップクリームでは済ませず、最低限のメイクを施すことが肝心です。

 

 

肌の傷みを隠したり、年相応に見せる努力は、ビジネスマナーには反しませんから、

女性に必要なルールと考え、上手くバランスを取ることが重要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ