映画で学ぶビジネス英語練習法

英語を学ぶ場合はスクールに通ったり

専用の教材を利用する方法以外にも方法は有ります。

その一つが映画を見るという事です。

 

映画ではその内容によって様々な言葉が使われており、

中にはビジネス英語を練習する事が出来る物も有ります。

それを見る事によってどのような使い方をすれば良いのか、

表現方法を学ぶ事もできます。

 

 

ビジネス英語を映画で学ぶ場合は、その作品を選ぶ所から始めます。

まず一つのポイントは、オフィスで働いている人が登場する作品、

オフィスの中の場面が出てくる作品を選ぶという事です。

 

 

英語は日本語と同じ様に様々な表現が有り、

その場面によっても使っている言葉が違っています。

 

 

ビジネス英語を学びたいのであれば、ビジネスの場面を取り扱っている物を選びます。

そうする事によって場面の様子を見ながらどういった表現をする事が出来るか、

と言う事が見えてくるからです。

 

 

 

 

もう一つは出来るだけ新しい作品を選ぶという事です。

ビジネスの場面を扱っている作品は数多く発表されており、

既に日本でも上映されたもの、DVDやブルーレイとなっている物も数多く存在しています。

 

 

しかし言葉と言うのは時代によっても変化して行くもので、

ビジネス英語もどの時代も同じ様な表現となっているわけでは有りません。

 

 

出来るだけ新しい作品を選ぶ事によって、

今はどのような言葉が使われているかと言う事を知る事が出来るようになります。

三つ目は英語字幕を付けるという事です。

 

 

日本語で映画を見る事は勿論避けるべきですが、

英語をただ聞いているだけでは100%聞き取る事はまず難しく、

半分程度しか聞き取る事が出来ないという人も少なくありません。

 

 

映画を利用してビジネス英語を勉強する場合は、

必ず英語字幕を付けてみる、と言う事がポイントです。

 

 

そうする事によってどのような表現になっているのか、

どういった単語を使っているのかと言うのを耳からだけでなく

目からも情報を仕入れる事が出来る為、より理解度が高まるからです。

 

 

ちなみに教材で英会話学習したいなら

七田式英会話がオススメですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ