異なる言語を母国語とする多国間でビジネスをする場合、

どれか1つの言語を選択しなければならないことは、

誰でも簡単にわかることです。

 

英語、フランス語、スペイン語、等々、選択肢はたくさんありますね。

交渉当事者の合意があれば、日本語という選択肢もありますね。

 

 

しかしながら、今日の国際ビジネスの場では

英語が選択される場合が多いようです。

その理由は何でしょうか?

 

 

二十世紀、二つの世界大戦を経て、

国際連合、欧州連合といった国際機関でじは、

英語が公用語に採用されています。

 

 

ビジネスの場でもこの流れが継承されていることは、

ごく自然なことです。

 

 

今日の国際ビジネスのメインプレーヤーを一つ挙げるとすれば、

英語を公用語とするアメリカということになります。

 

 

二十世紀初頭には、イギリスがメインプレーヤーであった時期があり、

そのかつての植民地、例えばカナダ、オーストラリア、インドなども

重要なプレーヤーであることは間違いないでしょう。

 

 

そうした歴史の流れの中で、

英語を第二外国語としている国は世界中に数えきれないほどたくさんありますね。

 

 

もちろん、中国語、あるいはアラビア語が

国際ビジネスの場で頻繁に使われる時代がくるかもしれませんが。

関連キーワード
ビジネス英語の関連記事
  • ビジネスシーンで使えるビジネス英語や挨拶のまとめ
  • ビジネス英語を使う時は自分のレベルで
  • 初めに覚えておきたいビジネス英語メール編
  • 社会人から英語のビジネス誌を読み込む
  • ビジネス英語を使う時のポイント!英語は自分に合ったレベルで
  • 日常英会話とビジネス英語の違い
おすすめの記事
ビジネス英語
社会人になって英語が必要になってきた時、 自分でもできる勉強の仕方として 英語のビジネス誌を読み込むことは効果的です。 英語を学ぶのであれ...
お金を稼ぐ
自分でお金を稼ぐということは、ある分野において、その道のプロになるということです。 プロというと何か特別な資格を持っていたり専門的な知識を持...
ツール
アフィリエイトを行っていく上で、 必要なのが作業効率化のためのツールです。 効率ツールといってもひとつのサービスで すべてまとめて設定され...