「あなたの英語間違ってない?」会議で使うビジネス英語

近頃、社内の人間同士が集まって

会議を行なう時にも英語で進行されることが増えてきています。

様々な理由があるのですが、

最も大きく関係しているのは

日本のビジネスの現場に外国人が多数参加するようになり、

英語の方が円滑かつ正しく情報共有できることが関係しています。

 

当然、自社内に外国人が多いということは

取引先など外部の企業と会議を行なう時にも英語を話す必要が出てきます。

 

自社内なら仮に英語が正しく伝わっていなかったとしても、

後からすぐに改めることが可能ですが、

他社の場合は間違ったまま伝わってしまい、

そのままビジネスが進行していく恐れがあります。

 

そのため、正しいビジネス英語を身に着けてやり取りをする必要があるのです。

 

特に、ビジネス英語が採用されてから

優秀なビジネスマンでも緊張する場面が桁の大きな金額についてお話するシーンです。

 

英語に対して慣れていない方の場合、

脳内で日本語を英語に訳してから発言したり記入することが多いのですが、

そのようなやり方では間違ってしまう可能性が高いのが億や万といった単位についてです。

 

英語には万や億を表す単位が存在していないので、

ビジネス英語でも言い表すことができないことを念頭に置いておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ