近頃、社内の人間同士が集まって

会議を行なう時にも英語で進行されることが増えてきています。

様々な理由があるのですが、

最も大きく関係しているのは

日本のビジネスの現場に外国人が多数参加するようになり、

英語の方が円滑かつ正しく情報共有できることが関係しています。

 

当然、自社内に外国人が多いということは

取引先など外部の企業と会議を行なう時にも英語を話す必要が出てきます。

 

自社内なら仮に英語が正しく伝わっていなかったとしても、

後からすぐに改めることが可能ですが、

他社の場合は間違ったまま伝わってしまい、

そのままビジネスが進行していく恐れがあります。

 

そのため、正しいビジネス英語を身に着けてやり取りをする必要があるのです。

 

特に、ビジネス英語が採用されてから

優秀なビジネスマンでも緊張する場面が桁の大きな金額についてお話するシーンです。

 

英語に対して慣れていない方の場合、

脳内で日本語を英語に訳してから発言したり記入することが多いのですが、

そのようなやり方では間違ってしまう可能性が高いのが億や万といった単位についてです。

 

英語には万や億を表す単位が存在していないので、

ビジネス英語でも言い表すことができないことを念頭に置いておきましょう。

関連キーワード
ビジネス英語の関連記事
  • ビジネスシーンで使えるビジネス英語や挨拶のまとめ
  • ビジネス英語を使う時は自分のレベルで
  • 初めに覚えておきたいビジネス英語メール編
  • 社会人から英語のビジネス誌を読み込む
  • ビジネス英語を使う時のポイント!英語は自分に合ったレベルで
  • 日常英会話とビジネス英語の違い
おすすめの記事
メール
メールで稼ぐ方法としては、 記事を配信するメールマガジンを活用するかたちが、 もっとも一般的です。...
ビジネスに役立つ情報
ビジネスマンは一般的な呼び方ですが、 男性だけのイメージもあるので、ここではビジネスパーソンという呼び方にします。 ...
お金を稼ぐ
自分でお金を稼ぐということは、ある分野において、その道のプロになるということです。 プロというと何か特別な資格を持っていたり専門的な知識を持...
無料オファー
副業として行いお小遣い稼ぎをしたり、 本業として行い多額の利益を出しているといった様子で すっかり一つのビジネスとして確立したのがアフィリエ...