日常英会話とビジネス英語の違い

日常的な英会話とビジネス英語では大きな違いがあります。

英語そのものに関しての違いはほぼないのですが、

ビジネスに使用する英会話になりますので使う単語が違ったり、

丁寧な表現にしたりといった部分で違いが出てくるのです。

 

日本語でも同じだと思うのですが、

それぞれの職業や専門分野では業界の専門用語というものがあります。

これらの専門用語は日常会話には登場しませんので、

それらを知る必要があります。

 

 

ビジネス英語でも日常英会話が大事?

 

しかし、専門用語のみだと会話をする事はできませんので

日常会話をベースとして単語を覚える必要があるでしょう。

 

日常英会話を覚えるには

英語教材の比較サイトを参考にして

自分にあった英語教材を見つけるといいですよ。

ちなみに英語が苦手な方は七田式英会話がオススメです。

 

もう一つ重要になっているのが丁寧な表現になります。

英語では日本語のような尊敬語や敬語といったものはないので

細かい表現は気にしなくてよいと勘違いしているかもしれませんが、

ビジネスとして付き合う方への言葉になりますので丁寧な表現が欠かせません。

 

日常的な英会話だとフランクな言葉であったり、

短く省略した言葉にしたりしても良いのですが、

ビジネス英会話ではしっかりとした表現で会話をする必要があります。

 

先ほどの専門用語も大切ですが、

ビジネス英会話で最も大事と言えるのは丁寧な表現をして、

ビジネスシーンで使える言葉になっているかが大事と言えるでしょう。

 

ビジネス英語を使うときのポイント

いろいろありますが、その一つができるだけ簡潔に話すということです。

簡潔に話すべき主な理由としては、

ビジネス界では常に時間に追われている、ということです。

 

ほとんどのビジネス界では、一分一秒がとても貴重です。

大きな会社になればなるほど、背負っているものが多いですので

そこで働いている従業員たちはもちろんですが、

トップで働いている人たちは特に時間に追われているといえます。

 

それで、相手に用件を伝えたり取引先と大切な商談をする際、

また業務報告をする際や会議で会話する際には、

あいさつや無駄話をして長々と前置きを置かないようにしましょう。

早めに用件にはいりましょう。

 

また、自分の感想や主観ばかり述べるのではなく、

用件のみを簡潔に話すようにしましょう。

しかし、いくら相手が忙しそうだからと言っても、

相手に失礼な態度をとらないようにしましょう。

 

相手に敬意を払いつつも、

自分の要件をきちんとそして正確に伝えられるようにしましょう。

相手に敬意を払いつつも簡潔な英語を話せるようになるには、

ある程度のスキルが必要ですが、大切なことですので是非努力するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ