ビジネス英語を使う時のポイント!英語は自分に合ったレベルで

毎日のようにビジネスの場で英語を使っている人は、

「英語は自分に合ったレベルで」と言われて合点がいくでしょう。

そして、かつての失敗談を思い出すかもしれません。

 

しかしながら、めったにビジネス英語を使う機会のない人には、

このアドバイスは有効です。

 

また、そういう場に少し慣れた人にも、

ぜひ、肝に銘じてほしいポイントでしょう。

誰でもネイティブスピーカーが使っていたフレーズを使ってみたくなるものです。

 

しかし、話言葉には流れがあります。

格調があります。リズムがあります。

 

日本の学校で学んだ英語を駆使して日常使っているビジネス英語に、

突然、唐突に拡張高いフレーズが一つ入り込むだけで、

聞き手は違和感をおぼえます。更には、それが誤った使い方であったり、

単語を一つを間違って使ってしまうと、

せっかくのあなたの意図とは逆の効果を生んでしまいます。

 

場合によっては聞き手に不信感をあたえてしまい、

ビジネス事態がスムーズに進まなくなってしまったら元も子もありませんね。

 

ビジネスで一番大切なことは、自分の意図を正確に伝えることです。

単語にしても、自分が自信をもって使える単語を使うべきで、

使い方に不安がある単語は使うべきではありません。フレーズ然りです。

 

ネイティブスピーカーのように英語を駆使できれば理想的ではありますが、

ビジネスの場で優先すべきことを忘れずに、ビジネスを成功させてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ