社会人から英語のビジネス誌を読み込む

社会人になって英語が必要になってきた時、

自分でもできる勉強の仕方として

英語のビジネス誌を読み込むことは効果的です。

 

英語を学ぶのであれば、

とにかく英文を大量に読んでいかなければいけないわけですが、

ビジネス誌であれば仕事に必要な情報を仕入れつつ、

ビジネスで使える英語を学ぶことが出来るからです。

 

貿易や金融など各分野では、

辞書には載っていない専門用語がありますから、

ビジネス誌であればそういった言葉がよく使われていますから、

実際に仕事で使える生きた英語を学んでいけるのです。

 

そして、ビジネス誌を入手するときには、

アナログ版とデジタル版の二種類がありますが、

読みやすさということでは、広げて読めるアナログ版のほうが有利で、

発音などを気にするのであれば

読み上げ機能や関連するサイトを調べやすいデジタル版が有利となります。

 

最終的には、どちらが良いのかは好みになりますが、

定期購読でアナログ版とデジタル版の両方を読むことが出来るビジネス誌もあります。

どちらも読める環境を整えれば、状況に応じて使い分けることも出来るのです。

 

そして、もし他にも英語のビジネス誌を読む仲間がいるのであれば、

記事を題材にしてディスカッションをしていくと、

気が付かなかった視点を発見したり、より深く内容を読み込むことも出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ