初めに覚えておきたいビジネス英語メール編

ビジネスの場で、英語でメールのやり取りをする場合、

簡潔な文章を書くことが大切です。

 

件名にも、一目で内容が分かるような、

分かりやすいタイトルをつけて、

相手の負担を軽減する心遣いをするのがマナーです。

 

件名の最初の文字は、大文字で書き、冠詞は省略してかまいません。

メール本文の冒頭には、

相手の名前を入れ、Mr.やMs.などの敬称をつけます。

 

親しい相手の場合には、ファーストネームで呼んで問題ありません。

日本語のメールの場合には、

文章の最初に挨拶の定型文を入れるのが一般的ですが、

英語の場合には、挨拶はHelloなど簡潔なものを必要最低限使い、

挨拶は一行以内で終わらせます。

 

宛先をDearと書いた場合には、

Helloと同じ意味になるので、Helloを書かずに、

意味が重複しないように気を付ける必要があります。

 

英語のビジネスメールの構成は、短い挨拶の次に、

自己紹介を書き、次に要件の要旨を簡潔に述べてから、本文に入ります。

 

英語のビジネスメールでは、

最初に結論を描くのが特徴で、読んですぐ要件が分かるよう、

簡潔に書くことが大切です。

 

英語のメール定型文もあるので、

頻繁に使われる言い回しを覚えて、利用すると便利です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ