ビジネス英語を使う時は自分のレベルで

日本の義務教育での「英語」について、

これまでの「文章読解」重視のカリキュラムから

「英会話やリスニング」が身に付くようにする実践的な授業が行われるよう、

徐々にその内容が変化しています。

 

これは日本が英語圏との交流が、

様々な分野でますます盛んになってきたことが背景にあります。

 

学生の異文化交流の盛り上がり、

日本文化の発信による外国人との交流機会が増えたこと、

そしてビジネスの分野ではグローバルに展開する企業が増え、

今や英会話は必須な社会へと変化しつつあります。

 

特にビジネスの分野では、

その英語力次第で営業の成績も左右される環境になっています。

 

日本の英語教育が英会話重視に傾き始めているとは言うものの、

やはり英会話、特にビジネス英語での交渉を苦手とするビジネスマンは多いです。

 

仕事をした後に英会話教室に通う人も少なくありません。

専門用語も多く、また、交渉時にはしっかりした語彙を使わないと成功しない、

そんな先入観も苦手意識を持つ原因になっています。

 

しかし、ビジネス英語は専門用語だけで構成されているわけではありません。

ビジネスだからと急に肩肘を張ってしまう必要はなく、

伝えたい内容を自分が覚えてきた簡単な単語で言い換えたり、

組み立てなおすことで充分に伝わります。

 

自分のレベルで英会話やビジネス文章を組み立ててみることが

コミュニケーションをスムーズにするポイントです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ